第24回旅行会 「芭蕉を追って・・日本海の夕日を巡るツアー」道中記

5月24日(水)

うす曇りのなか仙台駅東口バスターミナルから参加者39名を乗せた貸し切りバスで出発、一路、最上川舟下りの古口港へ向かったものの現地は小雨交じりの天気に少しがっかり。

それでも貸し切りとなった屋形船に乗り込み、新緑の最上川と船頭「岸昭夫さん」の訛りが程よい語りとコンクールで鍛えた民謡に酔いしれました。

 船頭さん「岸昭夫さん」

 最上川舟下り・・あいにくの雨でした(TдT)

次に向かったのは、月山・羽黒山・湯殿山の三神を合祭した羽黒山の大社殿「三神合祭殿」、樹齢300年を超える杉の中にたたずむ祭殿と鏡池の前に立つと、いかにもパワーが授かるような思いに浸ったのは・・私だけだったでしょうか!?

 羽黒山「三神合祭殿」の前で・・

初日最後は、貴重な建造物が立ち並ぶ致道博物館内を散策。企画展示されていた「目で観る刀の教科書展」で名刀(妖刀)の村正を観て、波紋の美しさ妖艶さに思わず納得、刀剣の持つ不思議な世界を満喫してきました。

夜は、楽しみにしていた日本海に沈む夕日は厚い雲に隠れて観ることが出来ませんでしたが、会長曰く「私たちはまだまだ沈む年ではない・・」との声に何故か納得して、由良温泉ホテル八乙女で“語り”“歌い”“笑い”ありの大宴会で参加者全員の親睦交流を深めました。

 由良温泉ホテル八乙女にて

5月25日(木)

天気は初日同様にはっきりしない空模様、最初に向かったのはオランダ煎餅で有名な酒田米菓。500mを超える長い工場内を案内され、途中、出来立てのだんごやオランダせんべいに舌鼓を打ち、最後は売店でのお買い物でみなさんにっこり。

せんべい焼きにもチャレンジし、真剣な眼差しで焼く姿は、子供時代に戻ったようでした。

 せんべい焼きに夢中!!

その後、初孫酒造に寄り、きき酒コーナーでは大吟醸やしぼりたて原酒などを飲み比べ、香りや味の違いに、もう一杯、もう一杯と・・ほんのり桜色。帰りにはまた一つ土産が増えました。

 幸せそうなお二人(⌒-⌒)

昼食会場はさかた海鮮市場で刺身定食、寿司、ラーメン派に分かれて酒田の味を堪能。

ツアー最後は、江戸時代から酒田を代表する料亭“相馬楼”へ。竹久夢二美術館も入っており、竹久夢二の私生活を垣間見ることができる資料の数々に、独特な絵と相まって夢二の人間臭さを感じることができる空間でした。

また、舞台では三味線に調べにのって踊る三人の舞妓さんに酔いしれて、栄華を誇った料亭文化をちょっぴり味わってきました。

 舞妓さん

 相馬楼にて全員集合!!

帰りは霧深い高速道をひた走り、18時前に仙台駅東口に到着。2日間にわたるツアーも誰一人怪我することもなく、無事仙台に戻れたことを喜び合い。来年の再会を約束しながら二日間にわたった旅を締めくくりました。

参加された皆さん、大変ご苦労さまでした。

宮城県協議会 副会長 阿部忠敏

 

 

 

 

 

全国交流集会へ参加

5月10日~12日、静岡県伊東市において「2016年度全国交流集会」が140名の参加により開催されました。
全国交流集会は、新任役員の育成と相互交流を目的に毎年開催されており、宮城県支部恊からは青葉地区恊佐藤会長と支部恊石田事務局次長が参加し1973年の退職者の会結成から今日までの歩みや概要、NTT労組の現状や課題等について学習しました。
また、集会の1日目では、三遊亭白鳥氏による特別講演「お笑い健康体操」や「直近の国会情勢と社会保障政策」をテーマにした吉川さおり参議院議員による政治学習会が開催されました。
第2日目には6班に別れて分散会が開催され「会と会員のコミュニケーション」をテーマにフリー討論が行われ、各支部恊や地区恊の取り組みや活動の悩みなどについて活発な相互交流が行われました。

宮城県支部協議会 石田

三遊亭白鳥氏の講演
石原会長挨拶
全国の機関紙を展示

一目千本さくら観桜会

大河原地区協の年間最大イベント“観桜会”は、例年開花時期との関係などで開催日の設定に大いに悩まされています。

開催当日に晴れればいいのですが、雪が降って急遽室内で行った年もあれば、晴れても開花時期がズレたりと、事務局泣かせのイベントです。

それでも今年は4月14日()に設定、事務局の祈りが通じたのか当日は天候にも恵まれ、初参加の会員4名に県支部協議会の星事務局長にも参加もいただき、例年と同様、盛大な“観桜会”となりました。

 ところが朝から気温がぐんぐんと上昇、それに合わせて桜も満開になったものの、あまりの暑さにギブアップ!!

参加者の体調を考慮し、当初予定していた閉会時間を早める事態に・・本当に事務局を悩ませてくれる“観桜会”となりましたが、参加者全員で来年の再会を誓い合いながら閉会としました。

 参加された皆さん、大変ご苦労様でした。

大河原地区協 事務局長 赤間貞夫

第88回メーデー宮城県大会へ参加

天候に恵まれた4月29日(土)、青葉区錦町公園において開催された第88回メーデー宮城県大会に、退職者の会在仙5地区協及び事務局から総勢40名が参加しました。

式典は10時に開会し、メーデー歌合唱、挨拶等の後メーデー宣言、長時間働を是正する取り組みの強化に向けた特別決議を参加者全員で確認し、デモ行進に移りました。退職者の会の旗を持つ星事務局長を先頭に定禅寺通り~一番町通り~広瀬通りを爽やかな風を感じながら行進し、会場に戻る頃には参加者から「汗かいたね」「良い運動になった」の声が聞かれました。

デモ行進後は、情報労連宮城県協議会で 開設した 復興支援ブースで東日本大震災、熊本地震復興支援 の物資や振る舞い酒等を購入したり、参加者全員で輪になってお弁当を食べたりと和やかな 交流の場となりました。

参加者の皆さん、ご協力ありがとうございました。

一番町通りをデモ行進

 

参加者全員で交流会

水芭蕉と土湯温泉

 

仁田沼の水芭蕉

4月27日(木)、少し肌寒い天気でしたが福島県土湯温泉の奥にある水芭蕉で有名な仁田沼に足を延ばしてきました。

つつじ山公園の駐車場に車を駐めて、女沼⇒思いの滝⇒仁田沼⇒男沼を一周。 途中、カタクリの群生やニリンソウ、エンレイソウなどの花を見ながら、お目当ての仁田沼へ。

水芭蕉の花のピークは4月21日前後との話でしたが、それでも沼に咲き広がる水芭蕉に満足。帰りは、程よい疲れを癒すために土湯温泉の向瀧旅館の日帰り風呂(700円)で、ゆったり汗を流してきました。

連休中はまだ間に合うと思います・・皆さんも水芭蕉の仁田沼ハイキングへ行ってみませんか!!

    宮城県協議会 阿部忠敏

女沼全景
思いの滝
男沼全景
水芭蕉
カタクリ

 

 

 

若林地区協「お花見と新入会員の歓迎会を開催!!」

4月15日(土)、恒例のお花見会が国指定重要文化財・陸奥国分寺薬師堂の境内で行われました。

当日は薄曇りでしたが、暖かく穏やかなお天気で満開の桜のもとでの記念写真撮影や参道の散策で、今年の桜を存分に満喫しました。

その後、近くの会場「カラオケパブ・ブロードウェイ」に移動し、来賓、会員(新入会員4名)総勢25名が参加して、新入会員の歓迎とお花見を兼ねた懇親会を開催しました。

はじめに渡邉洋子会長から新入会員への歓迎の言葉と若林地区協としての活動状況が述べられました。

続いて来賓の宮城県協・星事務局長よりご挨拶を頂き、今野三男副会長の乾杯で宴会に入りました。

お花見弁当を食べながら、しばし歓談のあと、新会員の自己紹介と会員一人ひとりから近況報告がありました。

その後は恒例のカラオケタイムとなり、多くの方から自慢の歌を披露していただき大いに盛り上がりました。

和気あいあいと旧交を温めあう光景も見られ、楽しい交流の場となりました。

参加された皆さん、大変ご苦労様でした。

次は、8月企画のビアパーティでお会いしましょう!!

若林地区協 事務局長 佐々木和彦

陸奥国分寺薬師堂の境内にて

 

陸奥国分寺薬師堂正門前にて

 

 

名取地区協2017年「花見会」開催!!

4月20日(木)、サッポロビール仙台ビール園で参加者21名により恒例の「花見会」を開催しました。

残念ながら前日の強風によりビール園内の桜は葉桜となってしまいましたが、テーブルいっぱいに思い出話の花を咲かせて、ビールに日本酒にワインとジンギスカン鍋に酔いしれてきました。

また、今回は新たに名取地区協に加入した2人も参加、それぞれから挨拶を頂いたあと、参加者全員による自己紹介で会場はさらに盛り上がり、楽しい時間もあっという間、次回のビアパーティでの再会を誓い合い散会しました。

参加された会員の皆さん、ご苦労様でした。ありがとうございました。

              名取地区協 事務局長 阿部芳昭

 

サッポロビール仙台全景
ジンギスカン鍋に舌鼓

ビール園前での記念撮影

 

 

 

太白地区協”歩け・あるけ&花見会”

4月11日(火)、恒例春の“歩け・あるけ”とセットに三神峯でのお花見を開催しました。

当日は10時に長町駅前に集合、お昼頃から雨との予報で、屋外での強行突破か予約していた「いとう会館」でのお花見か・・悩みましたが、取りあえず行ってからの判断で長町駅⇒モール前⇒龍澤(滝沢)寺⇒旧286号線を経由してお花見会場の三神峯公園に到着。

さすがに平日で雨の予報もあり公園には人の姿は数えるほど、それでもシニアパワー全開にしてグランドシートを敷き、酒にオードブルにおつまみを広げて、大いに盛り上がりました。

会場には岡本あき子市議が忙しい議員活動の中、顔をみせ挨拶をいただき、奥山市長の退任の話に頷きながら、さらにもう一杯~桜は二分咲きでしたが顔色は満開と楽しい時間をともに過ごしました。

途中から予報通りの雨となり、休業中の売店テントに逃げ込んで震えながらの二次会となりましたが、これもまた風情ありと民謡をみんなで歌いながら寒さを吹き飛ばしての花見会となりました。             提供:門馬徹夫

早咲きの桜全景
花より団子
二次会はテントの中

 

 

 

 

 

 

 

みんなの広場へようこそ

俳句、川柳、近況、なんでもけっこうです、投稿お待ちします。

注)投稿は、事務局に依頼するか、または、投稿用アカウント作成を事務局に依頼し、各自で直接投稿おねがいいたします。

[例えば〕1:主催者が、「春の俳句の会を開催します。」等の開催要旨を投稿します。参加者は、投稿に対するコメント(作成した俳句)を送る。  といった使い方があります。