塩釜地区恊議会恒例の「ひな祭り」を開催

3月3日(日)、往年に名をはせた「男雛女雛」13人がサロン室に集い「ひな祭り」を楽しみました。ひな祭り会場の雰囲気を盛り上げるお花を小原流家元「洋華」(坂井洋子さん)さんから活けてもらいました。

 

 

 

腕自慢の会員が持ち寄った料理「ちらし寿司・シフォンケーキ・ゼンマイの煮物・フルーツケーキ・ガッコ・ピクルス・製法非公開の白酒等々」をテーブル狭しと並べ揃えて西城会長の発声でひな祭りがスタートしました。

途中には恒例の「ひな祭り」の歌 ~ あかりをつけましょ ぼんぼりに お花をあげましょ 桃の花 五人ばやしの 笛太鼓 今日はたのしい ひなまつり ~ 全員で合唱し大いに「雛気分」を満喫しました。

また、宗徧流・助教の坂井洋子さんから抹茶を点てていただき、幽玄の至福のひとときも過ごすこともできました。

わいわいがやがやのひとときが過ぎて、渡邉千代子さんから「次回の(ひな祭り)にも是非とも参加するため、健康第一でガンバロー」と、誓い合いって散会となりました。
ひな祭りの後、麻雀を楽しむ方々もおられて会員の体力の強さに敬服したところです。                   塩釜地区協議会 竹田耕三

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です