「ひな祭りの集い」を開催

梅の花も咲き、すっかり春めいてきた3月3日(火)、NTT塩釜ビル1階の退職者サロンにおいて、女子会主催の第5回「ひな祭りの集い」が開かれました。「新型コロナウイルス」の拡大防止が叫ばれる中での開催ということで、参加者の健康状態を確認し、衛生面には細心の注意を払いながら、年号が「令和」になって初めてのひな祭りを行いました。今回は、お茶会に招かれたときの心得や作法を学びながら美味しい和菓子とお抹茶をいただくことと、土鍋でご飯を炊き、宮城県産のホヤを使った「ホヤ飯」と「天むす」などをみんなで一緒に作り美味しくいただく、という趣向です。女子会リーダの大村典子さんが用意してくれた雛人形を皆で飾り付けたあと、第1部の「お茶会」です。講師は、茶道宗偏流・師範の坂井洋子さんです、茶道宗偏流の誕生と宗偏流と忠臣蔵の逸話などを聞いた後に塩釜の老舗菓子店「梅果堂」のひな祭り特製和菓子をいただき、お茶をいただくときの作法を学びながら美味しいお抹茶をいただきました。                          そして第2部は、料理研究家の白鳥妙子さんによるお料理教室です。今回は、土鍋で炊いたご飯に下ごしらえをした具材を混ぜ込むという手法で、男性にも覚えてもらえる簡単な料理ということです。ホヤ飯、なんちゃって天むす、芹ご飯をみんなでワイワイガヤガヤ騒がしくしながら作り美味しくいただきました。その他、玉こんにゃくの煮つけやカラスミのおつまみもいただきました。更に、揚げたての「ホヤのから揚げ」、これまた絶品でした。会食時には、お祝いに駆け付けてくれた落語家の楽家笑遊(宗田淳)さんのなぞかけや小話で大いに盛り上がりました。

<料理レシピ>                        ①ホヤ飯 4合のご飯に対して、本つゆ大さじ2杯、酒大さじ1杯、塩少々、ホヤは400gの冷凍解凍を2センチくらいに切って先の調味料でさっと煮込んで煮汁と具に分けておく。煮汁と定量の水加減でご飯を炊き上げ取り分けていたホヤとシソの葉のみじん切り、白ゴマを混ぜ込んで完成!

②なんちゃって天むすご飯 1.5カップの天かす、桜えび大さじ3杯、めんつゆ大さじ3杯を先に混ぜ込んでおき、炊きあがりご飯10杯くらいにサックリと混ぜる、最後に三つ葉か小ネギのみじん切りと白ゴマを適当に入れて完成!                    塩釜地区協議会副会長 小松 眞

 

2地区恊議会合同親睦パークゴルフ大会を開催

宮城野地区協議会・塩釜地区協議会の合同で親睦パークゴルフ大会を2019年11月15日(金)おおひら万葉パークゴルフ場で17人の会員が参加し開催しました。当日は好天に恵まれ和気あいあいの中、楽しむことが出来ました。優勝は塩釜地区協議会の「曽根とみ」さんでした。次回は2020年5月に開催することとなり、大会の上位入賞するように、それまで「腕を磨いてね」と誓いあって散会としました。   塩釜地区協議会 竹田 耕三

秋のレク「大人のための社会見学」

《今日 明日 明後日へのリフレッシュ身体作りの一助に》   《美味しい料理とビールで素敵な一日を》

令和元年9月27日(金)に、20名の会員が参加して「学んで、楽しめる!」キリンビール仙台工場を見学しました。交通手段は、キリンビール仙台工場の送迎バスを利用しました。可愛いガイドの案内で「見て、触れて、味わって」所要時間70分コースを見学しました。

1. ホップを手にとって香りを体験(違いが分かる年代の皆さんでした)

2. 麦芽を試食(さすが国産美味しかった)

3. 一番搾りと二番搾り麦汁の飲み比べ(やっぱり一番はいい)

4. 最後は一番搾りの試飲(ドライバーにはソフトドリンクを)

いやはや極上の一番搾りを四種類も試飲でき、皆さんほろ酔い気分でした。

所要70分の見学(試飲が待ち遠しい?)
ほろ酔い気分で試飲中
本番開始!美味しいビールで乾杯!

 

 

その後、レストランキリンビアポート仙台に移動して本番開始となりました。西城会長から、「遊ぶ」「参加する」を念頭に活動をすすめてきました。今日皆様の元気なお顔を見ることが出来て大変うれしいです。大いに社会見学をしていっぱい元気を頂いて下さい。と挨拶があり、菅原康明さんの乾杯の音頭で素敵な一日をスタートしました。美味しいビールと美味い日本酒、まろやかな麦茶等々多彩なドリンクで会食は時のたつのも忘れ大いに盛り上がりました。最後に、「次は第21回定期総会で」と締めの乾杯で帰路につきました。

塩釜地区協議会   竹田耕三

観桜会を開催(宮城野地区協議会)

今年も桜の開花宣言が聞かれる季節となり、宮城野地区協に於いても4月10日(水)に榴ヶ岡公園にて会員のみなさまと「お花見」を実施することが出来ました。
当日は花曇りの中でしたが桜の花も咲き誇り、昔の仲間と久しぶりの顔合わせで話題も多く元気な姿での参加に喜びを感じていました。
当日は ➀直接お花見会場に集合される方と ➁ボランティアガイド「宮城野原案内人の会」の「桜散歩みち」に参加し、身近な桜の名所(陽雲寺、清水沼公園、気象台桜標本木、榴ヶ岡公園)等を見学した後に、榴ヶ岡公園で合流してお花見に参加する2コースに分かれて実施しました。
「桜散歩みち」見学コースでは一般のお客様と交流しながら、総勢44名参加となり、桜の花を満喫することが出来ました。
榴ヶ岡公園お花見会場は多くの市民のみなさんで混雑していて、花の下で花見お弁当を食べながら、花見酒を酌み交わし楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

 

塩釜地区恊議会恒例の「ひな祭り」を開催

3月3日(日)、往年に名をはせた「男雛女雛」13人がサロン室に集い「ひな祭り」を楽しみました。ひな祭り会場の雰囲気を盛り上げるお花を小原流家元「洋華」(坂井洋子さん)さんから活けてもらいました。

 

 

 

腕自慢の会員が持ち寄った料理「ちらし寿司・シフォンケーキ・ゼンマイの煮物・フルーツケーキ・ガッコ・ピクルス・製法非公開の白酒等々」をテーブル狭しと並べ揃えて西城会長の発声でひな祭りがスタートしました。

途中には恒例の「ひな祭り」の歌 ~ あかりをつけましょ ぼんぼりに お花をあげましょ 桃の花 五人ばやしの 笛太鼓 今日はたのしい ひなまつり ~ 全員で合唱し大いに「雛気分」を満喫しました。

また、宗徧流・助教の坂井洋子さんから抹茶を点てていただき、幽玄の至福のひとときも過ごすこともできました。

わいわいがやがやのひとときが過ぎて、渡邉千代子さんから「次回の(ひな祭り)にも是非とも参加するため、健康第一でガンバロー」と、誓い合いって散会となりました。
ひな祭りの後、麻雀を楽しむ方々もおられて会員の体力の強さに敬服したところです。                   塩釜地区協議会 竹田耕三

 

拡大幹事会を開催(太白地区協議会)

◎開催月日 平成31年1月18日(金)午後3時~
◎開催場所 いとう会館(長町)
◎参加者  会員21名、来賓 5名
~若松会長新春の詞~
新年を迎え新たな気持ちでスタート
今年は参議院選挙・そして統一地方選挙が控えての大事な年になりました。
この二つの選挙を現退一致の取り組みで、安倍政権の一強体制にNOを突き付け勤労者、生活者の為の政治実現しようではありませんか。

続きまして、5名のご来賓の方々から新春のお詞をいただきました。
●退職者の会宮城県協議会
会長代行 阿部忠敏 様
●宮城県グループ連絡会
会長   加島勇悦 様
●仙台市長郡和子後援会
事務局長 石田一也 様
●衆議院議員
岡本あき子様
●組織内候補者(仙台市議会議員選挙・太白区)
貞宗けんじ様

各来賓の挨拶に続いて菱沼事務局長より今後の活動・取り組み概要の説明がありました。
県協活動の周知事項
①アピール21の取り組みについて
②選挙取組について
参院議員選 吉川さおり、仙台市議選 貞宗けんじ
③各種行事への参加型活動の展開
④県協HPの投稿コーナーの活用
続けて、太白地区協の周知事項
①事務局体制の業務分担
②太白地区協のスケジュール
会議終了後は懇親会に移りました。
若松会長の乾杯で始まり会員間の親睦交流が図られました。
太白地区協議会 菱沼 信行

 

塩釜地区恊 第4回パークゴルフ大会開催

10月25日(木) 快晴のおおひら万葉パークゴルフ場で、 塩釜地区協議会第4回パークゴルフ大会を実施しました。 ちょっと頑張ると上位入賞となることから豪華賞品のゲットをめざして、 6名の少数精鋭の参加者で白熱の大会となりました。 結果は < 優勝 横山信夫 二位 鈴木克美 三位 竹田耕三  > 残念ながら賞品は二位まで、上位者に存分の賞となりました。 次回はもう少し参加者をいっぱいにして、「元気に 明るく 楽しく」 一生懸命にやりましょうと誓いを新たにいたしました。                    塩釜地区恊 竹田     

 

秋レク 「国宝 瑞巌寺へ」

塩釜地区協議会では、第17回「秋のレク」を9月27日に実施しました。あいにくの雨模様にも関わらず20名の参加がありました。約10年に及んだ、国宝・瑞巌寺の「平成の大修理」並びに2011,3,11東日本大震災で被害を受けた参道の復旧工事が終了し、平成30年6月24日に落慶法要が行われた瑞巌寺に行きました。ガイドさんの流暢な案内で、総門、洞窟遺跡群と津波の被害にあった杉並木の現状を聞き、庫裡から360坪の本堂へと進み、歴史の重さと当時の建築技術の高さにあらためて感心しました。瑞巌寺拝観後の懇親会は、ホテル「大松荘」で雨にもめげずに大いに盛り上がり、実りあるレクとなりました。            塩釜地区協議会 竹田 耕三

 

在仙地区協グランドゴルフ大会開催

9月12日(水)シェルコム仙台にて第15回在仙地区協グランドゴルフ大会が開催されました。総勢57名が参加し熱戦の結果、優勝は男性の部では太白区の小池重信さん、女性の部では宮城野区の三浦光枝さんが見事な成績で獲得されました。おめでとうございます。また今回は電通生協、労金、きらら保険、ききょう観光の4社様から豪華な賞品を沢山提供して頂き、特別賞として授与されました。特別賞は1ラウンドで3回ホールインワンを成し遂げたダイヤモンド賞が泉区の成田清さん、当日が丁度誕生日という幸運な宮城野区の小泉米子さんなど多数の方が授与され、皆さんが豪華賞品に大喜びの様子でした。今年は青葉区が担当しましたが、来年は泉区にバトンタッチされ、引き続き交流を深めていくことを誓い終了となりました。                    青葉地区協 三浦駿一郎

多賀城万灯会 鎮魂の明かり

万灯会(まんどうえ)は、多くの灯明をともして仏・神を供養する法会です。

日本では一千年を超える昔から行われていて、東大寺・薬師寺・高野山などのものが有名です。

多賀城市の古代遺跡からは、平安時代の灯明皿がたくさん出土しました。

陸奥国府多賀城の地でも、その当時から万灯会の祭事が行われていたことが分っています。

震災七年の日に多賀城万灯会は多賀城駅前広場で行われました。

前日まで春の嵐が吹き荒れていたので、火を焚く行事の催しは出来ないのかと危ぶまれていましたが、これも神仏の思し召しか、この日は晴天・無風・温暖に恵まれました。

~震災七年の日に亡き会員を思い捧げる歌~

一千年の祈りに寄せる万灯会 震禍七年亡き友おもふ

七年を過ぎて空しき会員簿 故人になりし君の名は無し

石巻地区協議会 山田 千秋

万灯会のともしび

慰霊塔