泉地区協「カラオケ愛好会」楽しく歌い納め

泉地区協「カラオケ愛好会」は、12月11日(火)カラオケスタジオ「まねき猫」に21名の会員で今年の歌い納めを楽しく行いました。歌う前に、菅井愛好会会長より、今年実施した22回の例会、全てに参加した、庄司正巳さんに皆勤賞が、その他、愛好会の運営に協力した会員を表彰し例会が始まりました。歌い納めの例会は、毎年、豪華な寿司と会員が持ち寄った御馳走を前に、一巡めの歌は会員の最も得意とする歌で盛り上がりました。途中の休憩時間では、会員が持ち寄った500円相当のプレゼントの交換があり、じゃんけんで勝った会員から好きなプレゼントを取るという中味が分からず、ラッピングに惑わされたり、スリル満点で大いに盛り上がりました。特に、ある会員は例会ごとに新しい歌を必ず1曲披露するということです。これはエネルギーも必要だし、頭を鍛えるためにも素晴らしいことで感心します。来年も楽しく歌うことを誓い合い、お開きとなりました。

泉地区協   佐々木清一

トヨタ東日本の工場見学

泉地区協パークゴルフ愛好会では、毎回、パークゴルフ例会を実施している、大衡万葉パークゴルフ場脇にある「トヨタ東日本」の工場見学を「古川地区協パークゴルフ愛好会」と一緒に企画し、11月29日(木)、午後1時30分から午後3時まで見学を行いました。見学会には泉地区協、古川地区協、宮城野地区協とそれ以外、親交のあるパークゴルフ愛好者44名で行われました。見学に先立ち「結ホール」で担当者から見学にあたっての注意事項の説明があり、2班に分かれマイクロバスに乗りいよいよ工場に、最初見学したところは車に取り付ける部品の準備部門でした。ここでは必要は部品棚にランプが点灯し担当者に知らせ、担当者は確実に部品を運搬トレーに入れるとボタンを押し部品収納を完了させるというものでした、その後、組み立てライン、検査ラインを見学しました。特に、組み立てラインの溶接ラインではロボットが完全無人の中で火花を散らしながら溶接している迫力にびっくりしました。最新の工場は、工場自体が大きなシステムでプログラムで動いている感じでした。見学終了後、担当者より多くの質問に回答を頂き、トヨタ方式の最先端工場を見学し充実した一日となりました。

泉地区協  佐々木清一

 

遊歩会(泉地区協)吉岡宿を歩く

泉地区協の愛好会「遊歩会」は、11月8日(木)、16名の参加者で「殿、利息でござる」でご存知の吉岡宿を7K程ウォーキングしました。旧奥州街道沿いの「一里塚」を見て伊達政宗の三男で吉岡城主「伊達河内守宗清」を奉ってある「天皇寺」を見学、ここでは、大和町指定有形文化財で、国宝「瑞巌寺」に次ぐ古い建物である「庫裡」を親切なお爺さんに説明を頂きました。「庫裡」は昔の台所で土間の中にカマドや井戸等がありここで食事が作られていたのかと感心しきりでした。奥州街道をさらに進み、吉岡宿本陣跡にある案内所で困窮していた「吉岡宿」を立て直した、穀田屋十三郎と管原屋篤平治の説明を受けました。この危機を救ったのは1千両(現在では3億円)を集め、仙台藩にこの一千両を貸し付け運用することとしたことです、この利息で得たお金を「吉岡宿」の住民全員に配り人々の苦しい生活を救ったとのことです。ここで驚くことは、穀田屋と管原屋の2名の他7名の篤志家で千両を集めましたが、その中身は、約半分が一家離散覚悟での借金だったそうです。この時代に借金して運用益で宿の再生を図ったとは驚きです。この会に参加した会員は一言もなし。

泉地区協 佐々木清一

 

泉地区協「春季全体交流会」模様

泉地区協では、去る6月14日(木)、イズミティー21を会場に、会員73名の参加で「春季全体交流会」を開催しました。交流会第一部は講演会、第二部は交流会の内容で行われ、第一部は「戊辰戦争の真実」という演題で、木村紀夫氏(仙台郷土史研究会会員・仙台広瀬倫理法人会会員・心のふるさと創生会議常務理事)より講演を頂きました。戊辰戦争とは何だったのか? 木村さんの講演を聞き、支倉常長の「遣欧使節団」に見る、仙台藩の先見性のある、国のあるべき姿、それは、真の王政維新実現と会津を守り、奥羽諸藩の平和を守るという考えに対し、薩摩・長州藩が進める考えの違いから勃発したとのことです。木村さんは、この講演で仙台藩及び奥羽からの視点で「戊辰戦争」を講演されており、隠された真実に大きな驚きを覚えました。多くの国民は薩摩・長州連合による明治政府樹立は勝者の論理として美しく取り上げられていますが、敗者側から見た「戊辰戦争」について、木村さんは「仙台藩は賊軍に非ず」と講演されていました。結果的に武力装備の差等があり敗れてしまいますが、その結果、中央政府から計り知れないほどの、仙台藩及び奥羽諸藩へのいじめにも等しいい差別政策が行われました。山林没収、城の取り壊とその跡地に刑務所建設、北海道開拓命令、藩士家禄引き下げ等々です。今も仙台では伊達政宗の居城「若林城」の跡地に刑務所が作られており差別政策のあとが見て取れます。特に興味深かったのは「戊辰戦争」で殉職した武士を祀った「弔魂碑」が瑞宝殿脇に建立されていますが、後に「弔魂碑」の裏に「公衆トイレ」が作られ「弔魂碑」にオシッコをかける様な形となっており、中央からの大きな力が働かないとできないことと講演されていました。第二部は同じくイズミティー21内のレストランで交流会に入り、冒頭、来賓の阿部県協副会長より挨拶を頂き、菅井顧問の乾杯で飲み会に入りました、会場は定員ギリギリの状態でしたが6名の新入会員の参加もあり、大いに盛り上がり盛会に終了しました。参加した会員からは講演会の内容、交流会会場とも大変良かったとの声を頂きました。

泉地区協   佐々木清一

 

 

泉地区協「第四回女子会」開催される

泉地区協の「第四回女子会」は、6月5日(火)、他地区協からのゲストを含め26名参加者により「NHK新庁舎見学会」を実施しました。見学に先立ちNHKの担当者から見学に当たっての注意事項等のレクチャーがあり、その後、NHKのホームページに乗せる記念撮影がありました。この記念写真は今月末までHPに掲載されるとのことです。その後、スタジオ見学に入り「NSA」というスタジオを見学しました、このスタジオは「てれまさむね」等を放送しているスタジオでこのスタジオだけでカメラは6台ほどありました。スタジオの説明で驚いたのは、キャスターを映すメインのカメラは別室からリモートコントロールされているとのことと、メインカメラには、アナウンサーが読む原稿が映し出されており目線を逸らすことなく放送できるとのことです

その次に「調整室」を見学しました、ここでは「音声担当」「映像担当」「テロップ担当」「ライブカメラ担当」が配置され、それらを組み合わせ、映像を流しているとのことです。一番組で15名ほどが携わっているとのことです。最後に、昼の番組「もりすた」が放送されているスタジオを見学しました、ちょうど放送前でリハーサル中でしたが、この時担当デレクターから出演要請があり「村田レポータ」「中島レポータ」「森下キャスタ」と放送オープニングお手伝いをしました。昼食は「ヤッペー食堂」でおいしい昼食を食べ解散となりましたが、家族と又来てみたい等の感想もあり楽しい「女子会」となりました。

 

泉地区協「会長杯パークゴルフ大会」開催される

今年度、最初の泉地区協「会長杯パークゴルフ」大会が、去る、5月22日(火)、大衡万葉パークゴルフ場を会場に、19名の会員参加で開催されました。当日は絶好の天気に恵まれ心地よい汗をながしました。シーズン当初ということもあり、まだ本調子でない人もいましたが和気あいあいと楽しい大会となりました。結果は、優勝は、地区協会長の河合会長でスコアは101ストロークでした。第二位は本山知章さんで107ストローク、第三位は渡辺勝己さんで110ストロークでした。次回の大会に向けレベルアップを誓い解散となりました。

泉地区協   佐々木清一

泉地区協「遊歩会」例会模様

泉地区協の今年度最初の「遊歩会」例会が、去る、4月12日、快晴の下、16名の会員参加で実施されました。今回は白石城を中心に終生、伊達政宗に仕えた知将「片倉小十郎景綱」の歴史をたどるウォーキングでした。片倉小十郎は、政宗に小田原参陣決意させた知将として「豊臣秀吉」や「徳川家康」からも高い評価を得ていたとのことです。最初は「延命寺」から始まり「東信寺」「傑山寺」「清林寺」「武家屋敷」と巡り、途中には「蔵王酒造」に立ち寄り清酒を試飲しました。又、豪商の町屋敷「壽丸屋敷」を見学し、総ガラス張りの外廊下に昔の豪商のすごさを体感しました。お昼は「白石城」の広場で昼食をとりながら雑談で親睦をはかりました。ちなみに、今回の歩数は自分の歩数計で15737歩でした。

泉地区協  佐々木清一

 

泉地区協「第33回家族グランドゴルフ大会」開催される

泉地区協「第33回家族グランドゴルフ大会」は、去る4月5日、シェルコム仙台を会場に、29名の参加で行われました。この大会は、会員及びその家族を含めた親睦、交流を目的とし、子供さんも参加できるように、春休みと秋休みの2回実施しているものです。人工芝が張替えとなったシェルコム仙台で午後の一時、楽しく体を動かし交流を深めました。第33回の優勝者は「三浦喜久男」さんで、スコアは、3ゲームトータル「57点」でした。ちなみに、2個のホールインワンを達成しています。女子の部は、太白地区協から友情参加された「清野八重子」さんでした。

 

泉地区協「GOLF愛好会」コンペ開催される

泉地区協ゴルフ愛好会の今シーズン第一回コンペが、去る、4月10日、ミヤヒル36ゴルフクラブで17名の会員参加で開催されました。この日は気温も高く、風もなく絶好のゴルフ日和で気持ちよく、今シーズンの初打ちを行いました。既に絶好調の人、まだ調整不足の人など様々でしたが楽しく一日を過ごし、交流を深めました。栄えある第一回の優勝者は菊地克志さん(グロス91・ネット74.2)、2位は、木村裕之さん(グロス90・ネット74.4)、第三位は熊谷直彦さん(グロス83・ネット74.6)でした。大会終了後は会場をイズミティー21内の「冠」に移し、懇親会に入り本日の結果を踏まえたゴルフ談義に花が咲き、大いに盛り上がり楽しい一時を過ごし次回の健闘を誓いあいました。尚、ベストグロスは熊谷直彦さんのグロス83でした。

泉地区協  佐々木清一

 

「伊達政宗の冒険」講演を聞いて

SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC

泉地区協の「世話役会」は、去る、2月14日、イズミティー21に於いて開催されました。会議に先立ち、宮城学院女子大学、学長 平川新先生(日本歴史学者)による「伊達政宗の冒険 慶長遣欧使節と支倉常長」の講演会がありました。平川先生の貴重な資料を基に、伊達政宗や徳川家康が遣欧使節にどのような思いを込めていたのか、時代背景を基に、1時間30分講演を頂きました。この講演には、会員60余名が参加し、貴重な講演に熱心に耳を傾けました。

この講演を聞いて、何故、仙台藩の伊達政宗が遣欧使節を送ることができたのか?、何故、植民地支配を拡大するスペイン、ポルトガルの世界列強と江戸幕府が対等に渡り合えたのか?等、平川先生の講演に引き込まれました。

特に、スペイン、ポルトガルの列強に江戸幕府が対等に渡り合えたのは、豊臣秀吉による朝鮮への派兵が大きく影響しているということでした。スペイン、ポルトガルの列強から当時の日本を見た場合、秀吉による朝鮮派兵に15万と言われる兵士動員したことに対する評価が、江戸幕府(日本)は強大な軍事力をもっていると見方です。これにより、日本には武力で制圧することが出来ないと判断したとのことです。

これは、信長にしろ、秀吉にしろ、家康にしろ、世界を見て政治を動かしていたことには大変驚かされました。当然、伊達政宗も世界を見て政治をしていたことになります。遣欧使節の狙いは「貿易」であり、江戸時代の幕府や大名たちが、世界各国とぎりぎりの交渉をしていたことを知りすごく先見性を持っていたと感心した次第です。現代でも、外交交渉を通じ世界各国と交渉していることと同じと感じました。講演会を聴講した会員からは、大変良かったとの絶賛評価を頂きました。

泉地区協 佐々木清一