21年度第3回拡大支部代表者会議模様

7月20日~21日、21年度拡大支部代表者会議がホテルベルクラシック(大塚)において開催され、支部協の阿部会長および小山内事務局長の2名が参加しました。
冒頭の司会挨拶で新型コロナウイルス感染の第7波と思われる全国的な感染拡大状況から本日の会議に不参加の地区協が6支部協、1名参加のみの地区協が3支部協となったことが報告され不参加の支部協については初の試みとしてユーチューブ動画での視聴となりました。
会議は森嶋会長の挨拶に始まり来賓の豊田NTT労組副委員長、野田電通生協理事長それぞれから今日的な課題を交えた挨拶がありました。
その後、先の参院選で3選を果たした組織内議員「石橋みちひろ」君より「何とか諸先輩のお力を頂いて3期目の議席を得ることができた。活動で政策でお返ししていきたい」との選挙に対する御礼と今後の決意が述べられました。
会議に入って川辺事務局長より取り組み経過の報告と合わせ全国総会に向けた会員拡大などの諸課題、第26回参議院議員選挙結果などについて説明があり、その後、質疑応答に入りました。
質疑では65歳以上の継続雇用者への対応や第26回参議院議員選挙に対する取り組みなどについて多くの支部協から意見・要望が出され、中央協およびNTT労組からは参院選については各組織で厳しく総括をする中で来年の自治体議員選挙そして三年後の参議院議員選挙につなげていたいとの回答を受け、全体確認がなされた。

女子会開催される

泉地区協第六回女子会が五月二十日(金)、三年ぶりに開催されました。県協に協力を頂き、感染対策をした上で、青葉ビルの会議室を借りて「ブリザーブドフラワー」作りを行いました。女子会開催に当たって、ハガキにて出欠の返事を頂く事にしていたのですが、回収率は38%、出席者は六名でした。連休明けに手分けして、お誘いの電話かけをしましたが不在やトーキーが多く、足、腰が悪く歩くのが大変だから等々、結局十名参加の会となりました。女子会開催の難しさを実感致しました。それでも、久々の再開と物作りでパワー全開でした。先生は女子会の仲間で約一時間半で、それぞれ個性的な作品ができあがり、最後に作品の前で集合写真を撮り大満足でした。その後場所を変え、ランチを食べて身も心も満腹した有意義な一日となりました。

泉地区協副会長  佐藤由美

 

 

 

新たな愛好会結成される

第23回県協総会で確認されておりますが、県協の参加型運動は、コロナ感染拡大を受け、県一本での開催が難しいことから、参加型運動は、より身近な「地区協」主体で行うこととされました。これを受け。在仙五地区協で開催しておりました「グランドゴルフ」大会を発展的に解消し、新たに「パークゴルフ」に移行しようとの話が、在仙会長・事務局長会議で提案され、泉地区協が事務局となり、愛好会立ち上げ準備を進めてきました。この間、愛好会には「塩釜地区協」も加わり、六地区協構成で四三名の会員となり、名称も「NTT仙台退職者パークゴルフ愛好会」に決定しました。第一回練習会は、去る、四月一二日「おおひら万葉パークゴルフ場」に三二名の会員参加で開催されました。この日は夏を思わせる絶好の青空の下、午前中は、愛好会立ち上げのセレモニーと日本パークゴルフ協会主任指導員の「吉田敏則様」によるルール解説とパークゴルフ場に於けるマナーなどの講習を受けました。午後からは練習会として、四コースをラウンドし、心地良い汗を流し交流を深め、収穫の多いラウンドとなりました。次回の練習会での再開を誓い散会となりました。

              泉地区協  佐々木清一

 

 

 

 

 

退職の会加入説明会の開催

2月3日(水)、2月15日(火)に今年3月末で退職を予定している組合員に対するNTT労組東北総支部主催の「退職者の会加入説明会」がNTT五橋第2ビル2F会議室において開催されました。

仙台市でもオミクロン株の感染拡大が広がりを見せる中、参加者に対する検温や消毒は勿論、間隔をあけての座席設定など万全の対策を講じて行われ、五橋分会長および東北総支部堀井委員長の挨拶の後、退職者の会を代表して阿部会長が退職者の会の取り組み状況などについて説明を行いました。

その後、電通生協の加賀谷東北ブロック長から契約に関わる具体的な手続きなど、限られた時間の中で参加者全員加入に向け説明が行われました。

今回参加できなかったNTT東日本㈱宮城事業部退職予定者の皆さん、グループ会社退職予定の皆さんを含め、多くの皆さんに参加していただけるよう、引き続き、東北総支部と連携を図り取り組みを進めていくこととします。

退職者の会 宮城県支部協議会 阿部忠敏

 

 

 

情報労連・NTT労組東北総支部・NTT労組宮城県グループ連絡会合同 「政策・制度ステップアップセミナー」

 1月13日(木)、ホテルモントレにおいて情報労連・NTT労組東北総支部・NTT労組宮城県グループ連絡会合同の「政策・制度ステップアップセミナー」が開催され、宮城県支部協議会から阿部会長をはじめ事務局の5名が参加しました。※約70名の組合員が2会場に分散して参加。

堀井議長
堀井議長

 

 

 

 

 

 

 例年は新春の集いと合わせて開催していますが昨年に引き続き新型コロナウイルス(オミクロン株)感染拡大に伴い「政策・制度ステップアップセミナー」のみが開催されることとなったものです。 

 はじめに主催者である堀井議長のあいさつに始まり、第1部として武田弁護士による「法律相談による学習会」、第2部としてNPO法人「POSSE」代表の今野晴貴氏による「労働組合と政治~格差社会の政治的対立とは何か~」、そして、第3部として組織内「岡本あきこ」衆議院議員より「国政報告会」が行われました。 

 第1部では武田弁護士独特の語りで憲法改正問題の現状と改正論議状況などについて分かりやすく説明を頂き、特に改憲勢力が2/3以上を占める状況などから、憲法改正問題を現実的課題として受け止め、護憲の立場からも論議を始めるべき、深めていくべきと訴えられました。

武田弁護士

 

 

 

 

 

 

 第2部では年間5,000件余りの労働・生活相談を実施するなど日本の労働問題について調査・研究、政策提言を行っている仙台出身の今野晴貴氏(NPO法人POSSE代表)が新幹線の遅れからウェブ参加し、①労働組合がないと社会はどうなる、②労働組合の機能と政治の関係、③日本社会の貧困化、④今、求められる労働政策とは・・について熱弁をふるって頂きました。

今野晴貴氏

 

 

 

 

 

 

 この中でブラック企業の実態などを例に、労働組合の必要性、労働者の利害を政治に反映する重要性などについて訴えられました。

 最後に組織内「岡本あきこ」衆議院議員より衆院選での御礼、そして現在担当しているジェンダー平等推進、デジタル政策などの取り組み状況などについて話がありました。

岡本衆議院議員

 

 

 

 

 

 

 以上、報告します。

2022年1月14日

退職者の会 宮城県支部協議会 会長 阿部忠敏 

第3回交流パークゴルフ大会開催

2021年10月15日(金)、おおひら万葉パークゴルフ場において宮城野地区協議会、塩釜地区協議会主催の第3回交流パークゴルフ大会が開催されました。当日は好天に恵まれ和気あいあいのなか16名の会員が参加しプレイを楽しみました。

【大会結果】                                優勝:竹田耕三さん(塩釜)                       準優勝:飯田良武さん(塩釜)                      第3位:小林公男さん(塩釜)

 

 

 

 

 

 

参加された会員の皆さまお疲れさまでした。

塩釜地区協議会 竹田耕三

web会議にチャレンジ!!

昨年来の新型コロナウイルス感染に伴い、これまでの対面集合型の会議、打合せ、イベントなどは参加する会員の安全・安心の観点から軒並み中止に追い込まれるなど、大幅に活動が制約される状況が続いています。

その中にあって、対面型遠隔会議のツールの1つであるZoomを使ったweb会議が多くの会社などで採用され、コロナ禍における会議の在り方として定着してきています。

遅ればせながら、当宮城県支部協議会としても、3月18日(木)に開催した第2回幹事会において幹事会メンバーとのコミュニケーションの充実の観点からZoomを利用したweb会議を活用していくことを確認し、4月14日(水)・15日(木)・16日(金)の3日間、地区協議会を3つのブロック別に分け支部協議会幹事メンバーによるweb会議の接続試験を実施したところです。※大河原地区協議会:日程の関係から23日(金)に予定

70の手習いではないですが、皆さん悪戦苦闘しながらも何とか支部協議会と各地区協議会との間で回線接続が確認され、web会議の環境が整ったところです。

今後は、対面集合型の会議などと合わせ緊急時等においてはweb会議も活用していければと思っています。

なお、今回の接続試験にあたって、支部協議会より①立憲民主党党員の加入呼びかけ、②災害発生時等における緊急連絡体制についての意見照会などについて提起し、幹事の皆さんに確認をして頂きました。

今回のZoomを使ったweb会議の接続試験にお付き合いいただきました各地区協議会の幹事などの皆さん、本当にお疲れ様でした。

少しでも早くコロナワクチンが全国民に行き渡り、新型コロナウイルス感染を心配しないで済むような日々が来ることを心待ちしています。

 

2021.4.16

県支部協議会 

会長 阿部忠敏

東日本大震災より10年を迎えて~「閖上」を想う~

閖上日和山

遠く蔵王連峰を望む

名取市閖上地区は津波により多くの犠牲者が出ていること且つ自宅の太白区からも近いことから、震災後に何度も足を運んできましたが、東日本大震災10年という節目に合わせて3月3日(水)に慰霊を兼ね訪ねてきました。
閖上漁港の近くにあった小高い日和山に立ち、津波にのみこまれた海岸や町並方向に眼をやると、子供時代に海水浴をした海岸、釣り竿を垂らした港の岸壁や貞山堀、釣り餌のごかいを買いに立ち寄った釣具店の跡地などは大きく形や姿を変え、今、造成し整地された無機質の風景が目の前に広がっています。

「もう10年たったのか」「まだ10年しかたっていないのか」それぞれ立場の違いにより思う気持ちは異なりますが、慰霊の碑に立ち、震災前の「閖上」に思いをはせ寂しさを感じるのは私だけではないと思います。
現在、復旧・復興の名のもとに新た に街づくりが進められていますが、海と共に生きてきた美しい海辺の町「閖上」の匂いを少しでも残していただき、津波で亡くなった多くの犠牲者の思いを次の世代に紡いで行って頂ければと願っています。

私も足腰が元気なうちは、子供時代の海の遊び場だった「閖上」が今後どのように変化していくのかこれからも楽しみ見守り続けてまいります。
2021年3月11日
宮城県支部協議会太白地区協議会 阿部忠敏

刈田岳の樹氷・・今が見頃!!

雪に埋もれたお釜

2月13日(土)、刈田岳樹氷トレッキングに参加してきました。
エコーラインのすみかわスキー場からリフト3基を乗り継ぎ、ワカンを履きながら約2時間半かけてへとへとになりながら頂上にたどり着きました。
天気も良かったせいか、すみかわスキー場からスキー・ボードを抱えて登ってきた人、そして私たちのようにスノーシュー・ワカンを履いて登ってきた人など、刈田神社の鳥居の前には多くの人でにぎわっており、登山シーズン中のような賑わいでした。

刈田岳頂上付近の樹氷

はじめて見た樹氷は、思ったほど成長していなくてちょっと残念でしたが、雪に埋もれたお釜や刈田神社付近のモンスター級の樹氷、そして凍り付いた鳥居や神社など、この時期にしか見れない絶景を楽しんできました。

刈田神社の鳥居

登山経験のない人でもすみかわスキー場から雪上車での樹氷見学ツアーが出ているので、是非、宮城の樹氷を楽しんでみてはいかがですか!?

情報提供
<県支部協:阿部>

2020年度末退職者予定者向け「退職者の会加入説明会」開催!!

2月8日(月)・9日(火)の2日間、午前10時より2020年度末退職者予定者向け「退職者の会加入説明会」が青葉区五橋のショーケー本館ビルで開催されました。

主催者を代表してNTT労組宮城県グループ連絡会「三浦」会長の挨拶のあと、退職者の会宮城県協議会の「阿部」会長より退職者の会としての挨拶と合わせ配布した資料に沿って当会の活動内容等について説明を行いました。

その後、電通共済生協の「加賀谷」東北ブロック推進部長をはじめ「きらら保険サービス」「東北労働金庫」の福祉事業団体より退職に伴う各種手続き等についての説明がありました。

今回参加した退職予定組合員は、2月8日および9日ともに27名の合計54名の参加があり、次回は2月19日(金)の青葉ビルでの開催となります。

一人でも多くの皆さんに退職者の会の仲間として参加して頂けけるよう、引き続き努力していくこととします。