囲碁・将棋サークル(11/21⇒11/28に変更)

日時
Date(s) - 2018/11/28 水曜日
10:00 AM - 12:00 PM

開催場所
広瀬市民センター2階

カテゴリー


前回は囲碁・将棋の七冠のタイトルと賞金について、紹介しましたが、今回は挑戦手合いの対局数を見てみます。                     囲碁・将棋ともに決勝戦は、その年予選を勝ち抜いてきた『挑戦者』と、前年度にそのタイトルを取った『タイトルホルダー』の二名で争われます。     これを挑戦手合いと言いますが、これは両者で複数回対局をし、勝ち越した方が勝ちの『番勝負制度』が使われています。それでは、七つのタイトルが何番勝負が採用されているか見てみます。                       (囲碁)七番勝負・・・棋聖戦・名人戦・本因坊戦  五番勝負・・・王座戦・天元戦・碁聖戦・10段戦                        (将棋)7番勝負・・・竜王戦・名人戦・王位戦・王将戦  五番勝負・・・王座戦・棋王戦・棋聖戦                           比べてみると、将棋の方が2番だけ多いので、挑戦手合い」の数だとやや将棋の方が凄いです。

会員の皆さんもこの機会に、囲碁・将棋を経験しませんか。参加者同士で活動しながら、お互いに交流を図り、楽しい時間を過ごしませんか。

活動は原則毎月第3水曜日に、広瀬市民センター2階(和室)で、10:00~12:00まで実施しています。                          広瀬市民センターはJR仙山線「愛子駅」から徒歩約10分の所にあります。
初めての参加者は大歓迎です。直接会場に来れば大丈夫です。

会員の皆さんの参加をお待ちしています。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です